コンテンツで川崎市のビジネスを応援する

川崎市コンテンツ産業振興について

川崎市コンテンツ産業振興について

川崎市では、平成22年3月に「川崎市コンテンツ産業振興ビジョン」を策定し、「コンテンツを活かした産業イノベーションの推進」を基本理念に掲げ、さまざまな業種業態の事業者にコンテンツを活用した事業展開を促し、高付加価値な製品づくり、効果的な販売促進など、コンテンツを活用した市内産業の活性化に向けた取組を推進しています。

川崎市コンテンツ産業振興ビジョン

[概 要]

川崎市は、本市が有する映像・音楽等の地域資源を活かし、クリエイターの創造活動の活性化と、製造業、卸売・小売業などさまざまな業種においてコンテンツを活用した事業展開の浸透を図り、市内産業を活性化させることを目的に、新たに「川崎市コンテンツ産業振興ビジョン」を策定しました。

[ビジョンの特徴について]

  • コンテンツ産業の定義を、一般的なメディア上で提供されるコンテンツによって対価を生み出す産業に加え、さまざまな業種における「商品開発」や「設計・デザイン」「広告宣伝」「サービス提供」など、コンテンツの活用により産業の高度化に資する業態としています。
  • 創造・保護・活用のサイクルにおける各段階での取組を施策の基本方向とし、こうした取組により、クリエイターの創造活動の活性化と、コンテンツのさまざまな業種での活用を促進し、市内産業の活性化につなげていきます。

川崎市コンテンツ産業振興ビジョンについてさらに詳しい情報は以下からご覧いただけます。

・川崎市コンテンツ産業振興ビジョン

川崎市コンテンツ産業振興と「かわさきBizコン」

川崎市コンテンツ産業振興事業の一環として、コンテンツ活用に悩む事業者を対象に、具体的な制作方法や活用方法をお伝えし、クリエイター/デザイナーとの橋渡しを目的に誕生したのが「かわさき Biz コン」です。